top of page

東京都美術館で開催されている展示『第47回 美術の祭典 東京展』にて「奨励賞」を受賞致しました。



この度、東京都美術館で開催されている展示『第47回 美術の祭典 東京展』にて「奨励賞」を受賞致しました。


「東京展」は1975年に表現の自由と発表の自由を求め、決して権威主義に屈することのない創造の場をめざして結成いたしました。 


作品のジャンルは、平面(具象、非具象)・立体・絵本・コミックアート・版画・イラスト・写真等広範囲に及びます。


他の団体展との大きな違いは、運営委員会が推薦した作家の作品を展示するという「推薦制」をとり、作家自身の厳格な主体的責任において作品の発表を行っているところにあります。初期の運営委員には、岡本太郎氏、寺山修司など著名作家が在籍する他、過去の漫画出品枠では手塚治虫氏などが出品をしております。


今回奨励賞を受賞した作品『my dear』は、普段私の作品に登場している"うるう秒の住人"に向けた手紙のような作品です。私は彼らを直接見たことはないけれど、いつもそばにいてくれて素晴らしい世界を見せてくれる感謝の気持ちを込めています。

このような時期なので、ご無理のない範囲でご高覧いただけたら嬉しいです。


I have received an encouraging prize on the 47th Art Festival Tokyoten at Tokyo Metropolitan Museum.


The “Tokyoten” was formed in 1975 in order to seek freedom of expression and presentation, and to aim to become the place of creation where never give in authoritarianism.


The genre widely covers Painting (concrete, non-concrete), Sculpture, Picture book, Comic Art, Prints, Illustration and Photographs, etc.


The big difference from other exhibition is to show works of artists which the steering committee recommends and artists are presenting their works with his own strict responsibility independently.

In the initial steering committee members, famous artists such as Taro Okamoto, Shuji Terayama belonged to and Osamu Tezuka exhibited his works in Comic area.


My work “my dear” that received the prize this time is something like letter to “residents in the leap seconds” who appear in my usual works.

Although I never saw them directly, I am expressing my appreciation for them to stay always at my side and to show me beautiful world.


Since in these severe situation, it would be appreciated if you could come to see the exhibition.



塩沢かれん作品『my dear』




塩沢かれんと作品



展覧会図録











<第47回美術の祭典-東京展->

期間:2021年10月7日−10月14日

会場:東京都美術館 2階 1-4展示室

時間:9:30–17:30(最終日は14:00まで)



 

#東京展

#東京都美術館

#展示




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page